1. ホーム
  2. 求人情報
  3. イチ押し求人特集
  4. 富士フイルムメディカルについて

イチ押し求人特集

富士フイルムメディカルについて

富士フイルムグループ内における医療事業を担う部門となります。フィルムメーカーとしての強みを生かした放射線科領域を対象とした画像フィルム、デジタル画像機器のみにとどまらず、現在は産婦人科、消化器領域にも事業を拡大させております。現在は医用IT事業と内視鏡事業に力を入れ、医療業界での存在感を更に高めております。 医用画像情報システムにおいてはSYNAPSブランドであるPACSが国内トップシェアを誇っており、このPACSで培ったノウハウを活かし、放射線部門、手術・重症部門や循環器部門、生理検査部門、さらには診療文書システムの提案を行うだけではなく、各診療部門の医療データを統合し、更に電子カルテやオーダリングシステム等の基幹システムとのデータ連携を図り、医療情報の高度なネットワーク化を図る「診療統合システム」の分野においても影響力を及ぼしております。 ≪営業の流れ≫ 大病院を中心に医療施設の元へ訪問。現状のヒアリングから、施設がお持ちの課題に対して問題共有、システムの改善・構築のご提案、打合せを繰り返します。具体的な商談になった場合には、技術部門のプロジェクトリーダーと共に詳細説明やご相談に応じつつ、最適なシステム構築を決定します。導入決定後、プロジェクトの進捗確認、お客様とのワーキングを行います。導入には3か月~6か月の期間を要しますが、要所で進捗確認しシステムを立ち上げます。また導入後の定期的なフォローも行います。1受注で数千万~数億円の商談となる事もあります。 ≪取扱い製品≫ 病院向けPACSシステム、デジタルX線画像診断システム、マンモグラフィ、内視鏡、超音波診断装置、ジェネリック医薬品など ≪市場≫ 経営の効率化、診療サービスの質の向上、地域医療連携等を推進している医療機関はIT技術の導入に積極的です。その中で電子カルテを始めとする基幹システムや各診療部門システムはすでに医療施設に普及しています。そのような状況の中で院内の各診療部門システム同士の医療データを一元化・統合し、さらには電子カルテ等の基幹システムとデータを共有して、医師の診断から治療までを支援する「診療統合システム」の潜在ニーズがあります。 ≪研修体制≫ 個人の経験・能力に応じますが、基本的には1~2年はOJTを交えながら勉強していただきます。 ≪ここがポイント≫ 従来のSYNAPSやFCRといった代表的な製品以外に内視鏡、超音波診断装置、医薬品等も手掛けており国内機器メーカー劣勢の昨今において力強い躍進を続けている優良メーカーです。離職の安定感や給与水準、ブランド力、市場戦略等の高さから今最も人気のある国産医療機器メーカーの一社だと思います。 ≪待遇面≫ ごく平均的な年収だが国産メーカーとして水準はやや高めとなり、等級により変動する。例) シニア一般職(35歳前後)セールス /5等級 / 550万~570万(各種手当・賞与×2) +営業加算手当 (実家から100キロ圏以上の場合借上社宅貸与可能)
富士フイルムメディカル株式会社
富士フイルムメディカル株式会社

設立 : 1965年1月
資本金 :
売上高 :
社員数 : 1,486名(2012年現在)

イチ押し求人特集に戻る

無料コンサルタントが手厚くサポート! 転職支援サービスのお申し込み

  • 初めての方へ
  • お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ・お申し込み 03-6809-9920
  • イチ押し求人特集
  • 転職Q&A よくあるご質問はこちら。
  • 日本メドトロニック株式会社 2015年度ベストリクルーターアワード ブロンズ賞 受賞!
  • パレクセル・インターナショナル株式会社 2014年度:決定数1位、決定率1位
  • 受賞歴
採用企業・医療機関の皆さまへ
医療人材ネット
医療業界で働く人のクチコミ情報サイト @Medicalist
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

ページトップへ